『北軽井沢の移動カフェ』 しっとり・ふわふわ・もちもちパンケーキとマイルドカプチーノ
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球の裏側で寝る

ベネズエラ旅行記 宿泊編

ロライマ山トレッキングでは自前のテントを持参
5泊ともテント泊です
R0017023.jpg
1泊目のベースキャンプ 標高1050m
Sweet Grassと同じくらいの標高ですね
オレンジのが我が家です
背後にそびえ立つのはロライマ山の隣に立つ「クケナン山」

R0017250.jpg
お風呂は、川にザブンっ! 飲み水も川から汲みます
飲み水を汲むときは上流に水浴びしてる人がいないことを
確認してからね♪

夜になるとホタルが飛び交います
暗黒に浮かぶやわらかなテントの灯りと
満点の星空と飛び交うホタル

一日中歩いた疲れが癒されます

R0017061.jpg
2泊目はロライマ山の麓
ここにも川があるのでザブンと水浴び、そして水汲み
すでに標高1870mなので水の冷たいこと冷たいこと!
昼間は灼熱でも夕暮れときになると水浴びにも気合いが必要っ
まるで、真夏のジェロニモの滝みたい

R0017057.jpg
題名「ロライマとテントとわたし」(笑)
さて、SHIHOはどこにいるでしょう?
ここも夜になるとホタルが飛び交っていました
幻想的

3泊目はロライマ山の山頂です
R0017166.jpg
オレンジのテント分かるかな?
実はロライマ山頂 標高2723mにはホテルと言われる
岩場のテント場があるのですが、なぜかうちのガイドはここを選択

R0017170.jpg
夕陽が目の前でキレイだね~ いい場所だね~
と思っていたのもつかの間・・・

夜になるにつれ嵐 一晩中の暴風雨
そこで惨劇が!

レンタルテントで寝ていた同じパーティーの人達
テントとシュラフが水没

そりゃそうよね
ツアー会社によってテントも様々
私たちのパーティーは、ピックニック的キャンプで使うテント
かたや、特殊部隊や極地遠征隊も使っている
バックカントリーシェルター 山岳テント

同じ悪天候下でも全然違うよね
TPOに応じたギアを使いましょうってことですね

4泊目 同じくロライマ山頂
R0016875b.jpg
ということで、テント場を移動
ホテル『カルフォルニア』(あれ?サンフランシスコだったかな?)

R0017198.jpg
雨・風しのげて快適です♪

R00169010.jpg
テント設営の場所もよく考えないとね

5泊目は、1泊目のテント場に戻ります
R0017035.jpg


Sweet Grass のテントサイトは整備されているので
ここまでのことはないと思いますが・・・
それでもスコールのような雨が多い北軽井沢

テント宿泊をするなら雨対策もお忘れなく!

グランドシートを敷くなり、室内にマットを敷くなり
タープを
張るなり、前室があるテントを選ぶなり
強気で雨風に吹きさらされてみるなり?

いろいろ工夫を考えるのもまたキャンプの楽しみのひとつですね♪

↓↓↓↓ ロライマ山以外のベネズエラは続きをどうぞ ↓↓↓↓

こちらは、カナイマ
エンジェル・フォールに行くときに泊まった宿
R0016859.jpg

R0016856.jpg
ハンモックに揺られながらテプイを眺められます

R0016904.jpg
真夏のクリスマス

R0016922.jpg
こちらは、エンジェル・フォールに1泊のツアーで行く人の宿

R0016923.jpg
ジャングルの中で、ハンモックのみ!

無理だ~ 絶対ムリだぁ~
ハンモックは臭そうだし、蚊の襲撃に遭いそ~
(実は若干、潔癖性 笑)

打って変わって
R0017307.jpg
こんな素敵な宿も!
建物のなかに中庭があります

R0017308.jpg
1階は普通のお部屋 2階はハンモックのみのお手軽価格

R0017309.jpg
キッチンも自由に使えます

いろんな所に泊まってみるのも楽しいね♪

コメント
コメントする

管理者にだけ表示を許可する
Twitter...

Treehouse_Cafe < > Reload

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。